2011年07月28日

フィリピンの不動産

フィリピン
不動産の所有権は日本以上に厳格な登記法によって守られています。

権利証は日本のような私製の登記済証ではなく、中央銀行で印刷されたシリアルナンバー付の証券であり、偽造や二重売買が困難です。その一方で、日本と同様に賃借権、抵当権など「物権」の登記ができ、記載内容を登記簿謄本で確認することができます。

所有権移転の前に、固定資産税、移転税、共益費など公共料金を除くすべての諸税・諸掛けを納付・清算しなければ移転ができない仕組みになっているので、物件が負債を負っていないか購入前に確認できます。
posted by グレイスコート稲田堤の大家 at 00:02| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

尺八してもらったけどありゃたまんねーな!!
ジュパジュパ凄い音させながら吸いつかれて、30秒で発射しちまった(笑)
しかもオレ、女にお任せして寝てただけなのに5マソも貰った件wwww
http://nmks9j9.jp.takaoka.mobi/
Posted by 吸引力の変わらないただひとつの… at 2011年07月30日 12:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。